忍者ブログ
『J,Girl With BAMBI』管理人あづさ柾ののたのた日記

9日『ボーカロイド・オペラ 葵上 with文楽人形』を観てまいりました。vvv
これは、去年ロンドンで開催された『ハイパージャパン』という日本文化の発信イベントで初公開された映像作品で、題名通りボカロに歌わせたオペラを文楽人形に演じさせる、というものです。(^-^)

ミクさんとかボカロ関連の情報をまとめたポータルサイトで、去年から話題が出てて気になっていた作品だったのですが、この2月関西圏で公開が決まったとのことでミク友vvの友人を誘って見に行ってきました。vvv
・・・まぁ、ミクさんは歌ってないんですけどね、このオペラ;;;(´д`)
歌ってるのは、VY1V3、結月ゆかり、猫村いろはです。(印象としては、3人(?)ともクールで大人びた声質のボカロですNE。)ゆかりさんは上映前のアテンションでMMDモデルでの登場もありました。ボイスロイドのしゃべりは流石に流暢。vvv

ストーリーは、タイトルにある能の『葵上』(大元は源氏物語の六条御息所と葵上の段)を下敷きに、作中に出てくるミドリというボカロと其れを使って有名Pになったヒカル、そして、ヒカルの作ったミドリの歌を唄って世に出たヒロイン、アオイの心の葛藤?を描いたもの、かな?(^_^;)
ミドリは、明らかにミクさんがモデルですね。vvv
人の心の不思議を、人でないボカロと人形が演じる舞台は、却って人間の精神的なエッセンスが顕に出ていたと感じました。

9日に行ったのはこの日、演者と監督、プロデューサーの舞台挨拶があったから。(^O^)
実は、一緒に行った友人共々、文楽に興味はあるものの知識がまるでなく;;;何か取っ掛りと言うか、縁があった方が映像も観やすいだろうということでこの日に。
どのくらいの人が来るのか見当がつかなかったので、開場時間前に朝から行ったのですが誰もいなくて・・・。(´Д`);;;整理番号1番、2番でしたYO。
開場してからも人は少なく・・・;;;席は2/3くらいの埋まり具合だったかな;;;?
月曜日のしかも午前中だったからね~xxx私たちは大阪の第七藝術劇場に見に行ったのですが、夜上映の神戸元町だったらもっと人、入ってたのかなぁ。xxx
あと、文楽ファンの年輩のオバサマ方vvvとかが半分くらい居て。ボカロ寄りの人は思ったより居なかったのが予想外xxx(^_^;)だった。
なんと、TV大阪の取材が当日入っていたのですが、これも文楽関連の取材だったようです。(インタビュー、友人共々されちゃったYO。( ̄▽ ̄) 放映とかはまだ未定だそうですが・・・)
上映後、メイン演者の吉田幸助さん、作曲者の田廻弘志さん、監督の加納真さんにサインも頂いてきました。vvv

上映はこのあと2月20日まであるので、ボカロファンの人ももっと見に行ってね~~。vvv
ボカロの可能性やポテンシャルの高さを感じさせる意欲作ですよ~~!!

上映館と時間は下の公式サイトで見てNEvvv(^O^)
http://www.opera-aoi.com/index-ja.html

拍手

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
フリーエリア
最新コメント
[02/06 響]
[08/13 らりえもん]
[07/28 あづさ柾(管理人)]
[07/26 胡香子]
[04/27 あづさ柾(管理人)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あづさ柾
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
Template and graphic by karyou
忍者ブログ [PR]